ヘルメットを持つ人

快適なお風呂にできる浄水器|美肌効果もアップ

タイプによる特徴

入浴する子供

3種類のタイプがあります

風呂ふたには様々な材質を使ったものや形状があります。ここでは風呂ふたの形状の違いがあり、おおよそ3つのタイプに分かれていて、シャッタータイプ・折りたたみタイプ・組合せタイプになります。それぞれのタイプの違いによる特徴についてここでは述べて行きます。シャッタータイプの風呂ふたは現在最もよく見るタイプです。特に賃貸住宅での利用割合が高く、安価な料金とサイズのラインナップの多さ、開閉に力を必要ないことから以前から人気があります。凹凸が多い形状のため、水が溜まりやすかったり、掃除がしにくい点があるので、浴槽の中でつけおき洗いを週に一度程度行うと良いでしょう。折りたたみタイプの風呂ふたは、折りたたむとサイズがコンパクトになり、入浴中や保管時にも置き場所に困らないことおよびシャッタータイプに比べて保温力が高く、凹凸が少ないことから掃除がしやすいためシャッタータイプから交換する家庭も増えています。注文住宅を中心に人気がある組合せタイプの風呂ふたは、全ての風呂ふたの中で最も保温力が高く、掃除がしやすいと評判です。保温力を高めている要因は浴槽にぴったりのサイズと断熱力の高い素材を利用しているためです。ほとんど凹凸がない組合せタイプは水がたまらなく掃除がしやすいと評判です。他のタイプのように小さく丸めたり、折り畳んだりできないため使用中や保管する場所を確保しなければいけないため、1坪以上の広い浴室で選ばれることが多くなっています。